OT先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > リハビリテーション部の人材募集 > OT先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(OT 横手 祐樹)

作業療法士  横手 祐樹

平成30年4月入職  滋賀医療技術専門学校作業療法学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

南2病棟(回復期リハビリテーション病院)に入院される患者様へ作業療法を提供しています。患者様一人一人の生活や背景に合わせて必要なADLやIADLの獲得を支援・援助しています。

当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

資格取得後は他県の小児及び療養型の施設で勤務していました。香川県への引っ越しを機に、成人から小児領域まで幅広い年齢の様々な疾患の利用者様に携われることや、自身の経験値を活かすこともできるのではないかと思い、当センターを志望しました。
未経験の回復期に配属になりましたが、既卒の私の経験を必要としていただけたり、知識的に不十分な部分については諸先輩方と相談し合いながら患者様と向き合うことが出来ています。また、チームとして一人の患者様に向きあうため、スタッフ間でコミュニケーションを密に取りながら仕事ができることも魅力的です。

仕事についてのエピソード

成人でも小児でも患者様は私たちを頼り、必要としてくれます。機能改善や成長を共に喜ぶことができます。反面、患者様の期待している回復が得られないこともあり苦悩な日々を過ごすこともあります。ですが、退院時には「お世話になりました。ありがとうございました」と笑顔で話されます。その患者様の声に、毎回、自分の不甲斐なさを感じることもありますが、作業療法士として誇れる瞬間となります。

仕事を通しての将来の夢

成人・小児に関わらず、作業を通して人に活力を与えられる。そして、患者様やご家族の生活に笑顔が見られるような支援や援助を提供できる作業療法士を目指します。

就職活動をしている皆様へ一言

現場で働いていれば日々様々なことが起こります。その時は大変だと慌てることも、悩むことも多いですが、時間が経てば笑える話になります。ハプニングも楽しく受けとめながら専門職として一緒に成長していきましょう。

先輩メッセージ(OT 宮ア 彰子)

作業療法士  宮ア 彰子

平成31年4月入職  川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

南2病棟(回復期リハビリテーション病棟)の入院患者様へ作業療法の提供を行っています。生活に必要なADL(食事、排泄、入浴など)やIADL(買い物や洗濯などの家事、趣味活動など)の獲得に向け、支援・援助を行い患者様の円滑な家庭復帰を目指しています。


当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

学生時代、当院で小児分野の実習を行ったことがきっかけです。学生の目線から、スタッフの、患者様やご家族様との関わり方、患者様の変化を共に喜ぶ姿を見て、純粋に「このセンターの先生方と働きたい」と強く思い志望しました。
現在、作業療法士として患者様と関わる中で、疑問や悩みを感じることも多くあります。しかし、時間を割き共に考え助言してくださる先輩方に囲まれている環境であるからこそ、日々疑問と向き合い学んでいくことができています。

仕事についてのエピソード

入院患者様には、リハビリスタッフ以外にも多職種の方が関わっています。その中で自分の経験の浅さから、情報共有という面で自分が上手く発言できないことに悩みを感じていました。その時期に、どんなにたくさんの方が関わっていても、患者様が自分に対し話して下さった悩みを共有した時間の出来事は、自分が発信する責任があると気づく機会がありました。それが、自分が患者様に関わる一員としての自覚を持つきっかけになったと感じています。

仕事を通しての将来の夢

生活環境や習慣が異なる患者様に対し、その方が「守りたい、続けていきたい」と思う活動を共に守り、時に新たな選択肢を提案することのできる作業療法士になりたいです。

就職活動をしている皆様へ一言

就職先を考える上で、基準や重要視する点は様々だと思います。当院は、幅広い分野で経験を積むことができ、成長するチャンスの多い環境であると感じています。また、なにより私は、自分が憧れてなった作業療法士の仕事にやりがいを感じながら働いている先輩方の近くで学べることに魅力を感じました。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ