ST先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > リハビリテーション部の人材募集 > ST先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(ST 平田 せりか)

言語聴覚士  平田 せりか

平成30年4月入職  川崎医療福祉大学リハビリテーション学部言語聴覚学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

南2病棟(回復期リハビリテーション病棟)に入院されている、脳血管疾患などにより高次脳機能障害や失語症、嚥下障害、構音障害を持つ患者様の評価・治療を行っています。

当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

当センターを希望した理由は、実習生としてお世話になったことがきっかけです。小児から成人まで幅広く関われることに魅力を感じ入職しました。
現在回復期で働いていますが、悩んでいることがあれば先輩に相談しやすく、加えて勉強会が定期的に設けられているため、学ぶ環境が整っていると感じます。また他職種との連携を通じ、私一人ではなくチームで患者様に関わっているということを日々実感しています。

仕事についてのエピソード

摂食・嚥下障害のある患者様を初めて担当させていただいた際は、実際に生命に関わることであるため怖さを感じることもありました。解剖学的な知識を復習したり、アプローチの手技を先輩から学んだりと日々努力をしながら介入し、少しずつ食事ができるようになりました。患者様ご本人、またご家族の方と経口摂取できたことの喜びを一緒に味わうことができ、とてもやりがいを感じました。

仕事を通しての将来の夢

小児、成人に関わらずどのような患者様にも信頼される言語聴覚士になりたいと思います。

就職活動をしている皆様へ一言

日々学ぶ姿勢が大切な職業だと思います。その上でも当センターはセラピストの人数が多いため、多くの患者様を支援でき、また様々な視点から情報を共有することができると思います。一緒に成長していきましょう。

先輩メッセージ(ST 山田 莉奈)

言語聴覚士  山田 莉奈

平成31年4月入職  大阪保健医療大学 言語聴覚専攻科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

小児・成人外来を担当しています。小児では、発達障害やことばの遅れ、発音に問題を抱えているお子さんとご家族の支援をしています。成人では、脳血管疾患や脳外傷による高次脳機能障害、失語症、構音障害などのある患者様の言語療法を行っています。
また、こども支援施設・療養介護施設に入所している方のリハビリテーションも行っています。主に重度心身障害の方に対し、コミュニケーションや摂食嚥下機能の支援に取り組んでいます。


当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

小児と成人の両方を経験できること、セラピストの数が多いため多様な視点やアプローチを学べると考えたことが理由です。
実際に臨床に出てみると、毎日が新しい学びの連続です。教材の使い方ひとつ、声かけひとつとっても、患者様に合わせた様々なやり方があり、奥が深いです。経験が浅く、悩むことも多いですが、患者様から学び、たくさんの先輩方からアドバイスを頂いて、日々試行錯誤しています。

仕事についてのエピソード

担当したある子どもさんに対して、当初「少しでもことばを伸ばしてあげたい」「できることが増えてほしい」という思いから、課題量や難易度を上げすぎてしまい、子どもさんを不安な表情にさせてしまいました。先輩にアドバイスをもらい、次の回からは課題内容を調整して、子どもさんの反応をよく見るように心がけると、訓練に笑顔で応じてくれることが増えました。帰り際にぎゅーっと抱きついて「先生、バイバイ」と言ってくれたときは、信頼関係が少し築けたかな、と感じて嬉しかったです。

仕事を通しての将来の夢

患者様ひとりひとりに合わせて柔軟にアプローチを変えられるような、応用力のある言語聴覚士になりたいです。まだまだ勉強が必要で、訓練の後に「もっとこうしたら良かった」と省みることばかりですが、一つ一つの経験を糧にして、より良い支援ができるよう努力していきます。

就職活動をしている皆様へ一言

私の勤務する小児リハビリ棟には、子どもたちの元気な声がいつも響いています。時には泣き声も混じりますが、それも大切な意思表示。目の前にいる子の気持ちを汲み取ろうと、セラピストはいつも真剣に向き合っています。
当センターは小児・成人と幅広い分野を経験できるのが強み。また、他職種の方とも連携を図りやすい環境で、患者様に関する相談や情報交換などを日常的にしています。
言語聴覚士として成長できる、やりがいのある職場です。一緒に働いてみませんか。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ