障害者入院病棟(西病棟)先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > 看護・療育部の人材募集 > 西病棟先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(西病棟 中脇 圭一)

西病棟看護師  中脇 圭一

平成27年4月入職  川崎医療福祉大学 保健看護学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

西病棟(障害者施設等入院基本料算定病棟)では脊髄損傷などの障害のある方や、肩、膝、股関節等の手術の患者様を対象に入院生活全般におけるケアを行っています。また他職種と連携し、患者様のリハビリテーションのサポートやミニカンファレンスへの参加等も行っています。


当病院を選んだ理由

学生の頃の病棟実習で、患者様の良くなっていく姿が実感できるリハビリテーションの分野に興味を持ち、この病院を希望しました。実際に働いてみるとリハビリは私が思っていた以上に多くの職種の方が関わっていたことに驚き、そしてチーム全体で患者様の退院後の姿を見据えながらの関わりが大切だと学びました。

仕事についてのエピソード

仕事での失敗談はたくさんありますが、その度に諸先輩方にフォローしていただいており、日々学びの連続です。病棟の先輩は、いつか私もこんな看護師になれればと思えるような方ばかりで、そのような先輩方と共に働けることは大きな喜びです。
また、入院当初は食事を摂るにも介助が必要だった脊髄損傷の患者様が長きにわたるリハビリを経て、ベッドから車いすにお一人で移乗ができるようになったところを見た時は、とても感動しました。そしてその方の看護、リハビリに少しでも関われたことをとても誇りに感じました。

仕事を通しての将来の夢

今はまだまだ目の前の仕事に精一杯ではありますが、患者様が前向きにリハビリに取り組めるよう、少しでも患者様の不安を取り除けるような関わりが持てる看護師になりたいと考えております。

就職活動をしている皆様へ一言

リハビリテーション病院では急性期の病院と違い、長期的な目線で患者様に寄り添った看護を行うことができます。リハビリにより患者様ができなかったことができるようになることを実感でき、そして患者様とともにその喜びを分かち合うことができます。これは働く上で大きなやりがいにもなります。実習等でリハビリに興味がわいた方、回復期に興味のある方、ぜひ一緒に働いてみませんか?

先輩メッセージ(西病棟 逢見 萌子)

西病棟看護師  逢見 萌子

令和2年4月入職  香川県立高松南高等学校 看護専攻科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

私の勤務する西病棟では重度の肢体不自由や脊髄損傷などの障害を持った方、手術目的・リハビリ目的の患者様が入院しており、患者様の生活全般の介助やケアを行っています。また、他職種と連携し患者様それぞれの目標に合わせた援助を行っています。

当病院を選んだ理由

学生時代に西病棟で実習をさせていただいたことがきっかけです。実習中特に印象的だったのは他職種が集まり一人の患者様のリハビリテーションの方向性や退院後の生活を見据えた必要な支援について話し合うミニカンファレンスです。セラピストやソーシャルワーカーが実際に患者様の自宅へ訪問し、退院後自宅へ帰った時の問題点や改善方法について話し合っており、長い時間をかけて患者様と関わり退院後の生活を見据えたサポートを行えることに魅力を感じました。

仕事についてのエピソード

患者様は毎日2〜3時間リハビリテーションを行っているため限られた時間で必要な処置やケアを行う必要があり、最初は一日の計画を組み立てるのがとても難しかったです。現在ではスケジュール管理にも少しずつ慣れてそれぞれに合わせた援助を行えていると思います。
食事介助が必要でペースト食を食べていた患者様が自分で箸を持ち普通食を食べられるようになったり、特殊浴槽で入浴していた患者様が一人で一般浴に入れるようになったのを見たときにはリハビリテーションの力を感じました。

仕事を通しての将来の夢

今はまだまだ未熟で周りの方々にフォローしていただく毎日ですが、少しでも患者様やご家族の力になれる、信頼していただける看護師になりたいです。

就職活動をしている皆様へ一言

急性期ではなく始めからリハビリテーション病院を選ぶことに迷いもありましたが、私は今ここだからこそ自分のしたかった看護ができていると思っています。先輩方は何もわからない新人の私に丁寧に指導してくださる優しい方たちばかりなのでリハビリテーションや回復期の看護に興味のある方は、ぜひ一緒に働きましょう!

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ