南2病棟先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > 看護・療育部の人材募集 > 南2病棟先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(南2病棟 池田 芽生)

南2病棟看護師  池田 芽生

平成30年4月入職  香川県立高松南高等学校看護科専攻科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

回復期リハビリテーション病棟では、主に整形系や脳神経系の疾患により急性期で治療を終えた患者様に対し、今後の生活を少しでも過ごしやすくするために退院後の生活を様々な職種とともに一緒に検討し、リハビリをより円滑に行えるように支援しています。看護師は特に、患者様との関わりが多く、毎日の処置や日常生活動作の援助を行っています。そのため身体的面とともに精神的な援助も行い、長期間となる入院生活を少しでも安楽に過ごせるよう支援しています。

当病院を選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

学生時代、看護実習を行うなかで私は患者様とゆっくりお話しをしながら回復に向けて援助し、患者様が元気な姿で退院する姿を見送りたいという希望がありました。そんな時に当病院で実習をさせてもらい、私がやりたいと思っている看護はこれだと思い就職を決めました。
実際に就職すると、思っていた以上にしっかりと看護技術を学べる機会があり、先輩看護師の丁寧な指導もあるので新卒の私でもちゃんとスキルアップできています。

仕事についてのエピソード

長期間の入院生活で、患者様は悩みや悲観的な思いを感じることもあります。そんな時に一緒に解決策を考えたり傾聴し励まし、いろいろなことを乗り越え毎日リハビリを続けた患者様が退院されるときの笑顔を見るととてもやりがいを感じます。

仕事を通しての将来の夢

丁寧な看護を行い、まだまだ未熟な私に対して、いつも優しく様々なことを教えてくださり、患者様の小さな変化にも気づき対応できている先輩看護師のようになるのがこれからの目標です。

就職活動をしている皆様へ一言

自分のやりたいことをできるところは探せば絶対にあるので、やりたいことのできる職場で働くことが一番だと思います。私は今やりたかった仕事ができているので苦痛だった勉強も実習も乗り越えてよかったと思っています。

先輩メッセージ(中病棟 上村 彩貴)

中病棟看護師  上村 彩貴

平成31年4月入職  香川県立保健医療大学 看護学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

回復期リハビリテーション病棟では、急性期の治療を終えた患者様のQOLの向上やADLの拡大を目指しています。24時間患者様と関わる看護職の視点を活かし多職種と情報を共有することにより心理的・身体的・社会的な面での援助を行っています。患者様とご家族様が望む退院に繋げる為に、今必要な生活面での介助や訓練の見守り、患者様やご家族様に介護指導などを行っています。


当病院を選んだ理由

急性期で働いていた頃に、治療が終了すると退院しなければいけないという患者様を見てきました。その時に「この患者様は今のままで退院して安全に過ごせるのだろうか」と思った事がきっかけです。自分のやりたい看護が「患者様が安心して退院できるように支援したい」と変化し、この病院を希望しました。

仕事についてのエピソード

患者様は入院してから退院までで、日常生活動作だけでなく表情やコミュニケーション内容まで変化します。その経過を側で見守り、嬉しい事や悲しい事を共に分かち合えることにやりがいを感じています。まだまだ先輩方からのアドバイスや指導が必要ですが、自分の考えを先輩と共有し、たくさんの知識と看護を学びながら楽しんで働いています。

仕事を通しての将来の夢

先輩方や患者様から学ぶ事が多い今ですが、看護師としてスキルアップし患者様のニーズに合わせた看護を提供出来るようになりたいです。また、これだけは私に聞いてほしいと自信を持って言えるような知識を身に着けたいとも考えています。

就職活動をしている皆様へ一言

実習を経て様々な現場を見てきたと思いますが、どの実習が一番楽しかったですか?楽しかったと思える場所が自分のしたい看護だと思います。私は経験を経て自分の目指す看護像が変化しました。自分のしたい看護を自分らしく出来る場所を見つけてください。応援しています。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ