南2病棟先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > 看護・療育部の人材募集 > 南2病棟先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(南2病棟 長谷川 佳南)

南2病棟看護師  長谷川 佳南

令和3年4月入職  香川県立高松南高等学校専攻科看護科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

主に整形・脳神経系の疾患を持ち、急性期での治療を終え在宅や社会への復帰を目指す患者様を対象に日常生活面の援助を行っています。他職種と協力しながら患者様が今後の生活の中で直面する課題を日々アセスメントし、患者様一人一人に合ったケアを提供しています。

当病院を選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

回復期リハビリテーション期にある患者様は病気を発症する前の自分と発症後の自分の違いを少しずつ受け入れていく時期にあります。その過程で生じる今後への不安や焦燥感はとても大きいものになります。そんな患者様やご家族の手を取り一緒に今後について考え、出来ることに目を向けて前向きに疾患と向き合う当院のリハビリテーション看護に魅力を感じました。

仕事についてのエピソード

患者様の背景や疾患により入院期間は様々であり、看護師として患者様に関わり、ケアを提供できる時間は限られています。その中でもベッド上で経管栄養を実施していた患者様が退院の時には車いすに座って経口摂取できるようになったり、最初は単語での会話だった失語症の患者様がリハビリや看護を通してコミュニケーションを確立していき、退院の際に「お世話になりました。ありがとう。」と伝えてくださるようになるなど、様々な患者様の新たな一面に立ち会うことができる度にリハビリテーション期の看護師としてやりがいを感じます。

仕事を通しての将来の夢

誠実に患者様やご家族に向き合うことを常に心がけ、何気ない日常を支えることができる看護師を目指していきたいです。

就職活動をしている皆様へ一言

私自身、学生時代はコロナ禍ということもあり、実習に制限がある中での就職活動だったため不安でいっぱいでした。ですが当院の先輩看護師や患者様が優しく、あたたかく受け入れて下さり、今では安心して仕事に励むことができています。
新しい環境に踏み出すことを恐れず、自分のしたい看護の実現に向けて頑張ってください。みなさんと一緒に働ける日を心待ちにしています。

先輩メッセージ(中病棟 上村 彩貴)

中病棟看護師  上村 彩貴

平成31年4月入職  香川県立保健医療大学 看護学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

回復期リハビリテーション病棟では、急性期の治療を終えた患者様のQOLの向上やADLの拡大を目指しています。24時間患者様と関わる看護職の視点を活かし多職種と情報を共有することにより心理的・身体的・社会的な面での援助を行っています。患者様とご家族様が望む退院に繋げる為に、今必要な生活面での介助や訓練の見守り、患者様やご家族様に介護指導などを行っています。


当病院を選んだ理由

急性期で働いていた頃に、治療が終了すると退院しなければいけないという患者様を見てきました。その時に「この患者様は今のままで退院して安全に過ごせるのだろうか」と思った事がきっかけです。自分のやりたい看護が「患者様が安心して退院できるように支援したい」と変化し、この病院を希望しました。

仕事についてのエピソード

患者様は入院してから退院までで、日常生活動作だけでなく表情やコミュニケーション内容まで変化します。その経過を側で見守り、嬉しい事や悲しい事を共に分かち合えることにやりがいを感じています。まだまだ先輩方からのアドバイスや指導が必要ですが、自分の考えを先輩と共有し、たくさんの知識と看護を学びながら楽しんで働いています。

仕事を通しての将来の夢

先輩方や患者様から学ぶ事が多い今ですが、看護師としてスキルアップし患者様のニーズに合わせた看護を提供出来るようになりたいです。また、これだけは私に聞いてほしいと自信を持って言えるような知識を身に着けたいとも考えています。

就職活動をしている皆様へ一言

実習を経て様々な現場を見てきたと思いますが、どの実習が一番楽しかったですか?楽しかったと思える場所が自分のしたい看護だと思います。私は経験を経て自分の目指す看護像が変化しました。自分のしたい看護を自分らしく出来る場所を見つけてください。応援しています。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ