Top > 発達障害者支援センター『アルプスかがわ』の紹介

アルプスかがわ

発達障害とはたとえば次のような状態です
例)落ち着きがない・授業や仕事に集中できない・人の話をきちんと聞くことが難しい・相手の気持ちを気遣うのが苦手・友だちとうまく遊べない・興味や関心が偏っている・文字を覚えたり書くことが苦手・計算を間違えたり暗算が苦手  など

◆『令和3年度 発達障害児(者)支援関係職員研修会』受講決定者の皆様へ
・新型コロナ感染対策のための取り組みにご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。以下のPDFファイルをご覧下さい。
「カリキュラム‐修正版(PDF)」

※このお知らせは、本年度の受講決定者(=受講票のはがきがお手元に届いた方)に向けてのお知らせです。
・今年度の残りの研修は、全てZOOMミーティングで実施します。
(ZOOMでの参加が難しかったものの、途中から参加可能となった受講者の方は、アルプスまでご連絡下さい。)
・研修日程に変更はありません。
・研修資料は、研修日の数日前にメール添付の形で送付いたします。
・受講者の方には、今後もアルプスからメールで連絡いたします。

リーフレットができました(香川県版)『おとなの発達障害って何なん?』(PDF)

アルプスかがわのリーフレットはこちら(PDF)

香川県教育委員会事務局特別支援教育課

※サポートファイル「かけはし」のダウンロードはこちらから

利用できる方

発達障害(自閉症やアスペルガー症候群等の広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥多動性障害など)のある本人とその家族、および関係機関です。

支援スタッフ

精神科医師・小児科医師・言語聴覚士・心理士・社会福祉士など。

支援内容

相談支援
発達障害児(者)やその家族からの相談に応じ、適切な指導・助言・情報提供などを行います。
発達支援
家庭や保育所・幼稚園・学校等の所属機関における支援の方針や具体的な援助の方法を一緒に考えていきます。また、保育所・幼稚園・学校等への訪問も行います。
必要に応じて、医学的な診断や心理的な判定を行います。
就労支援
ハローワーク等との連携を行い、就労に向け支援を行います。日々の生活習慣の形成、職業生活上の一般的なルールの理解、職業生活を行うために必要な知識の習得などの支援を行います。
普及啓発・研修
発達障害についての正しい理解を促すなど支援に関する研修会や講演会を開催します。

費用

相談・支援については、無料です。

相談の申し込み

来所もしくは訪問でのご相談は予約制です。
あらかじめ電話等でご連絡ください。
TEL087−866−6001(直通)
FAX087−867−0420
受付時間 月〜金曜日(祝日等を除く)9:00〜17:00

関係機関の方へ

関係機関の皆さんからのご依頼により、次のような取り組みをしています。県内の関係機関や団体であれば職種や業種は問いません。(福祉事業所・企業・民生委員・保護司など)
●どこでもサポート(機関コンサルテーション)
関係機関を訪問し、特性の整理や具体的な対応方法などについて検討します。
●どこでもセミナー(講師派遣)
発達障害に関する研修会や講演会に職員を派遣します。
                 
※どこでもサポートの場合
個人資料に所定の内容を記入して、特定記録郵便にてお送りください(FAXで送らないようお願いいたします)。
                         
<個人資料>
        

幼児〜小学生(PDF)

        

中学・高校以上の学生(PDF)

        

大人(PDF)

センタートップへ

Top  サイトマップ  お問合せ

▲TOPへ