かがわ総合リハビリテーションセンター

マスコット リハちゃん

Top > 地域リハビリテーション支援センター

地域リハビリテーション支援センター

支援体制(ネットワーク)の確立のために・・・

香川県は、障がいを持つ人や高齢者が寝たきり状態になることを予防し、急性期、回復期、維持期の状態に応じたリハビリテーションが適切かつ円滑に提供されるように、医療・保健・福祉の関係者のみならず、ボランティア等の地域における住民も参加し、総合的なリハビリテーションの確立に努めています。また、健康長寿香川の実現を目指す「健やか香川21ヘルスプラン」の1つの柱として、地域リハビリテーションを位置づけ、支援体制の整備を推進しています。

地域リハビリテーションとは・・・

障がいを抱える人や高齢者が住み慣れたところで、安心して暮らせるよう、医療・保健・福祉および生活に関わるあらゆる人々が、リハビリテーションの立場から協力して行う活動のすべてを言います。

香川県地域リハビリテーション支援体制

香川地域リハビリテーション支援体制の図

【図の説明】 地域住民(高齢者・障がい者等)が、各関係施設に相談をします。各関係機関とは、医療機関・介護老人保健施設・市町保健センターなどです。各地域支援センターは保健医療圏ごとに決まっています。

関係施設から相談を受けた各地域支援センターは、それぞれ関係施設からの相談や要望に対応し、県支援センター(かがわ総合リハビリテーションセンター)は、各地域支援センターへの技術的な支援や、情報提供を行うとともに、研修会の開催をしたりして、それぞれの支援にあたります。

このページのトップへ

Top  サイトマップ  お問合せ