PT先輩からのメッセージ

現在のページ:職員募集のお知らせ > リハビリテーション部の人材募集 > PT先輩からのメッセージ

先輩メッセージ(PT 近藤 江利加)

理学療法士  近藤 江利加

平成30年4月入職  徳島文理大学保健福祉学部理学療法学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

障害者病棟(西病棟)の入院患者様へ理学療法の提供を行っています。

当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

県外の大学に通っていましたが卒業後は地元で就職したいと考えており、香川県で小児から成人まで幅広い分野に関われる当センターを選びました。
現在、入職して2年目ですが患者様と関わっていく中で疑問点は多くあり、1人では解決できない場合もありますが、当センターには多くの先輩セラピストがいるので、小さな事でも相談しやすい環境にあると感じています。相談していくなかで様々な意見を聞くことができ、日々の患者様の治療に活かすことが出来ています。

仕事についてのエピソード

私が入職して約3ヶ月の頃に入院されてきた患者様が半年後に退院する際、「あなたも成長したね。話すのも上手くなったし、いろいろ私の体のことに気付いてくれるようになった。」と言って下さいました。主担当でない患者様でも若手スタッフである私のことをしっかり見てくれているという喜びとともに、患者様の治療に活かしていけるよう様々な分野について学ぶことの必要性を改めて感じました。

仕事を通しての将来の夢

回復期や生活期の患者様に対して、チームで話し合いながら、退院後や在宅での生活を見据えてより良い理学療法を提供できるようになりたいと考えています。

就職活動をしている皆様へ一言

当センターは小児から成人まで、回復期や生活期の患者様と関われる職場で福利厚生も充実しています。幅広い分野に関わる事の難しさはあると思いますが、様々な知識を身につけ自身のスキルアップに繋げることができると思います。

先輩メッセージ(PT 横井 千聖)

理学療法士  横井 千聖

平成30年4月入職  穴吹リハビリテーションカレッジ理学療法学科卒

現在の仕事内容

仕事内容の写真

東・南1病棟の療養介護施設やこども支援施設に入所されている方に対してのリハビリと、外来患者様(小児・成人)へのリハビリを担当させていただいています。


当センターを選んだ理由と実際に仕事を始めて感じたこと

就職試験前に施設見学に来た際、センター内の清潔感と設備の充実感に惹かれました。また、勉強会も盛んに行われていると聞き、自己研鑽に励むことが出来ると思い、当センターを志望しました。まだまだ使いこなせていない機器も沢山ありますが、患者様にとって効率的で有益な理学療法を提供することが出来るよう、先輩方に教わりながら日々精進しています。スタッフが多く、勉強会でも様々な意見が飛び交っており充実した時間を送ることが出来ています。

仕事についてのエピソード

歩行中に股関節から膝関節にかけて痛みが出現していた患者様を担当した時のことです。外来リハビリは1回の時間が短く、次のリハビリまでに1週間ほど空いてしまうため思うように状態が改善せず悩みました。
そこで患者様と相談し、寝る前に出来る筋のリラクゼーションとストレッチの方法を指導しました。1週間後リハビリに来られた際、「先生が教えてくれた方法で痛みが無くなりました。もっと歩き方のコツを教えて下さい。」と言われ、患者様のモチベーションが向上したと共に生活の活動量が増加したのを感じました。1回のリハビリだけでなく、それをどう生活に波及していくか患者様とコミュニケーションを取りながら検討していくことの必要性を感じました。

仕事を通しての将来の夢

患者様から家族のように慕われる理学療法士になることです。それくらい安心出来、信頼されるためにはまだまだ知識も技術も身につける必要があります。その上で、身体機能面だけでなく今日あった嬉しかったことや将来に対する漠然とした不安などどんな些細なことでも一緒に喜べて一緒に悩み考えることが出来る、そんな理学療法士になりたいと思います。

就職活動をしている皆様へ一言

何か大きな決断やチャレンジをする時は不安や緊張が付き纏うものですが、その気持ちは社会人になっても大切だと思います。慎重に、でも自分を信じて思い切って頑張って下さい。理学療法士はとてもやりがいのある仕事です。

▲職員募集TOPへ

▲TOPへ